人材育成

人材育成の考え方

当社の経営理念「人本主義」は、事業活動を通じて個々の成長を図ると定義しています。
「自主自立の精神」、「職場は人生の道場」
仕事を通じて自ら鍛え上げ、自らの成長を図り、自らの人生を豊かにします。
お互いを尊重し、協力し合うことで、大江電機グループ全体の力を最大限に発揮します。

人に褒められる=人に必要とされる=人の役に立つ=働き甲斐を感じる職場
全社員を対象に成長をサポートしていきます。

人材育成の方法

大江電機では、下記のように様々な方法で社員の能力向上を図っています。社員の職種や能力などに応じて、各種方法を組み合わせることで人材育成を実施しています。

OJT

・実際の実務現場で業務を通して、所属上司や先輩社員が教える側となり、部下や新入社員に仕事に必要で実践的な内容、ノウハウをダイレクトに教えます。
・教育計画とスケジュールは各部門の所属長とOJT担当により決定し、「やってみせる(Show)」、「説明する(Tell)」、「やらせてみる(Do)」、「確認・追加指導(Check)」の4段階からなる指導法で、OJTを進めます。

OFF-JT

(1) 階層別研修

階層別に実施される全社共通の教育
階層別教育が持続的成長のための全社人材開発施策の基盤となります
階層別の役割が遂行されることで組織が機能します

(2) 職種別研修

職種(部門)別に実施される専門スキル開発を目的とした教育
・各職種の専門スキルが連鎖して顧客に価値を提供します
・仕入先様と連携し、外部で商品研修の機会を提供します
・資格及び国家検定取得を促進します

(3) 選抜教育

仕事の枠や経験を拡げ、より大きいな器に成長する
・海外研修、次世代経営者ビジネススクール

人事評価制度 STEP-UP~MBO

人事評価制度・客観的な基準により、能力を棚卸しする

(1) 10月~11月 STEP-UPシート作成

・現在の職務別等級に要求されている項目内容がクリア出来ていますか?
・自己評価⇒上司評価により職務能力を判定ます。

(2) 4月(翌年度) MBOシート作成

・社員個々の目標(目指す姿)を設定して達成に向けたPDCAを廻し、連続した成長を実現させます。
・STEP-UPシートの基準項目に照らして解決すべき課題(目指す姿とのGAP)を絞り込みます。
・実行プランを5W1Hで組み立て、現場実践&OJTを繰り返します。

社内研修

新入社員研修、ISO勉強会、リーダーによるOJT、また中堅社員、責任者マネジメント研修、階層別に社内外からの講師による研修を行っております。また各メーカーの主催による講義、研修資格制度を取入れ、技術・人間力の成長を図っております。

社内研修
社内研修
社内研修
社内研修

富士登山

富士登山

富士登山は2000年から開始し、現在まで毎年行ってきました。
苦労を社員で共有し、大きな達成感を味わう。
そんな活動が大江電機の人材育成の恒例行事となっています。

2019-08-20
やったぜ富士登山レポート21
2018-08-28
やったぜ富士登山レポート20 番外編
2018-08-28
やったぜ富士登山レポート20
2017-08-21
やったぜ富士登山レポート19
2016-08-09
やったぜ富士登山レポート18

台湾研修生受け入れ

2011年より、台湾国際企業人材育成センター(ITI)よりインターシップ実習生の受け入れを始めました。
日本語の実践、日本生活体験、日本語能力スキルアップ、日本企業文化・日本ビジネス商習慣理解などを目的として日本に来日しております。
大江電機の歴史・考え方や営業マンとのお客様への同行、社内業務を実際に行い、大江電機を通して学んでいただいています。私たちも異国の方とコミュニケーションを取ることにより、自分たちのスキルアップにもつながる機会としておこなっています。

受入れ人数

2011年 2名 / 2012年 1名 / 2013年 2名 / 2014年 1名 / 2015年 1名 / 2016年 1名 / 2017年 1名 / 2018年 1名 / 2019年 1名 / 2020年 1名