新年のご挨拶

2018年 01月 01日

 新年あけましておめでとうございます。
本年も皆様にとって、健康で幸せに満ちた一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

昨年の「横浜ベイスターズ」2017年シリーズの私の予想は
 主力の怪我人なし・若手投手が昨年並み活躍して3位。
 怪我人続出・山崎復調なしの場合には最下位転落
 観客動員数は200万円超え
主力選手の怪我なく、濱口投手の台頭もあってシーズン3位、クライマックスを勝ち抜いたが日本シリーズでソフトバンクとの激戦に敗れた。まずまずの予想と評価しています。18年シーズンは内外野のレギュラー選手の入れ替えがあれば、広島との激しい首位争いを勝ち抜けると思いますがどうでしょうか?

 弊社では昨年が創業者生誕100年・会社創業70周年・現社長就任30年の節目を迎え、感謝の夕べ・記念旅行・家族感謝会・カンボジアでの学校校舎贈呈等の事業を展開してきました。特に記念旅行では創業者生誕の地「北海道追分町」を訪問し、小学校での歓迎式典・子供達との交流を通して、全社員が当社の原点の地に触れた意義は大きなものでした。次の100周年に向けて創業の精神である経営理念「人本主義経営」が進化しながら継承されていくものと思います。

 昨年、政府が打ち出した「働き方改革」では総労働時間の短縮と平行して「生産性の向上」への取組みが不可欠となっています。どの企業であっても時代の変化に適応できるよう過去の成功体験を捨てた大胆な事業の再構築と、社内の生産体制や業務管理体制の大幅な革新を進めていかなければなりません。

 このような大きな変革期にあって、お客様の課題を共に解決し、お客様のお役に立ち期待に応えられるよう全社一丸努めてまいりますので、引き続きご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

2018年元旦
大江電機株式会社
代表取締役社長 大江光正